Release agent

撥油性や防汚性のある離型剤ならフッ素コーティングタイプ!

機械

金型や押出成形機の離型剤としてスタンダードなものとして、シリコーン系やワックス系、エマルジョン系の界面活性剤があります。しかし、これらの離型剤は金属表面に樹脂材料が付着し難いという特性があるものの、油に対する撥油性や空気中の汚れに対する防汚性がありません。シリコーン系やワックス系、エマルジョン系の界面活性剤のベースは基本的に油分であり、空気中に油が含まれる製造工程においては不向きです。さらに油をベースとするため、空気中の汚れを巻き込むことで粘度が高くなり、劣化した離型剤を除去するのにも手間が掛かります。
しかし、フッ素コーティングタイプの離型剤ならこれらの心配がありません。フッ素コーティングは撥水性だけなく、撥油性や防汚性に優れています。これまで、有機溶剤を使用して古くなった離型剤を除去していた場合、表面を水洗いや拭き取るだけで綺麗な状態にすることができます。また、フッ素コーティングタイプの離型剤は速乾性にも優れており、製造工程においては完全乾燥や離型剤が定着するまで使用する時間を空けていたという非効率的な問題も解消できます。そのほか、フッ素化合物は有機溶剤にも強く、汚れがひどい場合に有機溶剤を使用する場合でも形成された被膜にダメージを与えることもなくなり、生産性向上も期待できます。

希釈タイプの離型剤なら熟練工以外でも安定して使用可能!

金型に塗布する離型剤の多くは、シリコーン系やワックス系が一般的です。しかし、これらの離型剤は金型表面に対して厚い層を形成することが多く、寸法公差の求められる製品においては不良率増加に繋がってしまいます。そのため、離型剤の塗布には経験豊富な熟練工が必要となり、社員教育に苦労することになります。しかし、希釈タイプのフッ素コーティング離型剤ならこれまでのように熟練工に依存していた問題を解決することができます。
希釈して使用するフッ素コーティング離型剤の場合、希釈する量を数値として管理することができ、熟練工のカンや経験が不要になります。そのため、経験の少ない社員でも同じ厚さで離型剤の塗布が可能になります。また、離型剤は完全乾燥することで均一な被膜形成がされるため、寸法公差が求められる製品における不良率を低下させることができます。
熟練工が不在となり不良率が増加している、毎回熟練工が余分な離型剤を除去しているものの、社員を育て上げる時間的な余裕がないというなら、離型剤をフッ素コーティング系に切り替えてみませんか?また、希釈タイプの離型剤なら塗布ムラもなくなり、塗布後に熟練工が確認していたという作業の無駄も解消できます。その他にも材料の使用量をコントロールすることも可能です。

難燃性が求められる樹脂成形品に使用する離型剤に最適なコーティング

工業製品に求められる特性として、難燃性いわゆる火が付き難いといったことがあります。特に住宅建材と使用されるもの、電線や電力ケーブルにおいては高い性能が要求されます。電線や電力ケーブルの場合、銅やアルミといった導体表面に樹脂材料を連続押出成形しており、均一な樹脂成形だけでなく、樹脂材料が停滞・炭化し異物として絶縁体や保護層に含まれないようにするため離型剤が重要になります。
しかし、油をベースとする離型剤は難燃性の低下に繋がります。そこで、フッ素コーティングといった油を使用しない離型剤が有効です。樹脂材料を連続押出しても、油分が練り込まれないため難燃性を維持することができます。また、炭化した樹脂材料が混入することがなく、電気特性を維持することができ、通電不良を防ぐことができるだけでなく、社会インフラを安定的することが可能になります。
フッ素コーティングの離型剤ならスプレーや希釈して刷毛で塗布することができるため、電線や電力ケーブルを製造するメーカーにおいては製造設備の停止時間を短縮することができ、製品品質の維持向上だけでなく、コスト改善も図ることができます。最近では、希釈して使用できるフッ素コーティング離型剤も増え、速乾性も高く、これまで油性の離型剤を使用していた場合でも直ぐに切り替えられるものが増えています。


【株式会社フロロテクノロジー】は豊富な経験と確かな技術で離型剤を提供しています!大事だけど専門的知識が必要な離型剤のことは【株式会社フロロテクノロジー】にご相談ください!

印刷機にも有効な離型剤!オフセット印刷時にローラーもキレイに!

メモリ

離型剤と言えば、金型で樹脂材料を成形する、連続押出加工により均一な製品製造を行う上で必要不可欠なものというイメージがあります。しかし、シリコーン系やワックス系の離型剤ではなく、フッ素コーティング…

用途に合わせた離型剤の種類について

スプレー缶

成形で多くの物が作られる時代ですが、成形と言えば鋳物などがあります。その鋳物から型をスムーズにはがすために重要な物があります。成形商品を作る際には様々な所で活躍しています。なければうまく型から剥…

プラスチックやゴム製品に向いた離型剤とは?

遮光瓶

金属の鋳造やコンクリート製品など金型を使用する製造の工程では、取り出す製品が型にくっつかないようにするための離型剤が不可欠です。プラスチック製品やゴム製品も金型に原材料を流し込む工程を経なければ…

簡単に使いやすいスプレー型の離型剤

作業員の女性

プラスチックの成形品を作る場合には、少し注意しなければならない事があります。何を注意しておけばいいのかというと型からうまく成形品が剥がれないと柔らかいプラスチック素材は、表面の仕上がりにすぐ差が…

INFORMATION