Release agent

プラスチックやゴム製品に向いた離型剤とは?

遮光瓶

金属の鋳造やコンクリート製品など金型を使用する製造の工程では、取り出す製品が型にくっつかないようにするための離型剤が不可欠です。プラスチック製品やゴム製品も金型に原材料を流し込む工程を経なければならないことから、同様に離型剤を必要とします。ワックス系とシリコーン系、フッ素コーティングという3種類の離型剤はそれぞれに特徴があって、利用目的ごとに使い分けられるのが普通です。
食品や鋳造の製造にも使われるワックス系離型剤は塗りやすいのが特徴ですが、金型に薬剤が残りやすく洗浄やメンテナンスの手間がかかります。金型が汚れにくいシリコーン系離型剤はプラスチックやゴム製品に向いている反面、流し込んだ原材料に転写してしまうところが欠点です。フッ素コーティング系の離型剤は金型が汚れにくい上に、層間剥離ではなく界面剥離の原理で原材料を分離させているため、転写が少ないという特長を持ちます。
フッ素コーティングに使われるフッ素は原子同士の結合力が極めて強く、金型の表面に強固な膜を形成する物質です。フッ素コーティングの膜はプラスチックやゴムとも結合しないため、金型に流し込んだ後も製品をきれいに分離できるという優れた特性を発揮します。プラスチックやゴム製品を金型から製造する際に使う離型剤としては、金型が汚れにくく転写も少ないフッ素コーティング系の製品が最も適しているのです。

印刷機にも有効な離型剤!オフセット印刷時にローラーもキレイに!

メモリ

離型剤と言えば、金型で樹脂材料を成形する、連続押出加工により均一な製品製造を行う上で必要不可欠なものというイメージがあります。しかし、シリコーン系やワックス系の離型剤ではなく、フッ素コーティング…

用途に合わせた離型剤の種類について

スプレー缶

成形で多くの物が作られる時代ですが、成形と言えば鋳物などがあります。その鋳物から型をスムーズにはがすために重要な物があります。成形商品を作る際には様々な所で活躍しています。なければうまく型から剥…

プラスチックやゴム製品に向いた離型剤とは?

遮光瓶

金属の鋳造やコンクリート製品など金型を使用する製造の工程では、取り出す製品が型にくっつかないようにするための離型剤が不可欠です。プラスチック製品やゴム製品も金型に原材料を流し込む工程を経なければ…

簡単に使いやすいスプレー型の離型剤

作業員の女性

プラスチックの成形品を作る場合には、少し注意しなければならない事があります。何を注意しておけばいいのかというと型からうまく成形品が剥がれないと柔らかいプラスチック素材は、表面の仕上がりにすぐ差が…

INFORMATION